January 05, 2018

[Mining]

採掘 (2018/1/5)

あけましたのでおめでとうございます。

niceHashがサービスを停止した時点(まだ盗まれたと報道される前)で、急ぎ設定変更を行いました。機材は休ませると稼ぐことをせずただ腐ってゆくからです。
取り合えず、6月〜9月に採掘で使っていたMinerGateでの採掘に当てました。
niceHashは、最も効率が良いコインに自動で切り替えながら採掘し報酬をビットコインで支払われるのが良い所(だと思います)。対してこちらは普通にサービスを提供しているだけで、自分でコインを選んで採掘し、そのコインが報酬として入って来ます。ですのでRadeonはXMRを、GeForceはZCASHを掘る設定にして復活までの間稼働させました。
niceHash復活までの一カ月でどちらも約0.1コイン採掘出来、相場に照らし合わせるとXMR0.1コイン=$40、ZCASH0.1コイン=$50になったようです。月の電気代が7500円程なので、まだプラスですね。

-----
さて、年末ぎりぎりでniceHashがサービス再開したので設定は戻しました。
niceHashはスポンサーが付いて資金を得たため再開にこぎつけたようです。仮想通貨がまだまだ儲かるはずということで、運営を続ければ飛んだ資金を補てんした上でも更に十分利益が得られるとスポンサーがにらんだのでしょう。(お金を貸して欲しいniceHashにだいぶ吹っかけたのかも知れませんな)
niceHashは「our Bitcoin was stolen」と表現していました(コメントで「ourじゃない、I(niceHash)だけで、俺の持ち物が盗まれたわけじゃない」というツッコミもありましたが)。各自niceHashに貯めていた分は一度0とされ「戻すつもりだが1/31に改めて告知する」としました。
私の0.03BTCがどうなるかは、また後ほどご報告することにします。


------
ところで。
niceHashが「最も効率が良いコインに自動で切り替えながら採掘し報酬をビットコインで支払われる」わけですが、ビットコインの相場は少々陰っているように思えます。
ビットコインは11月末に100万円を突破し12月15日前後に200万円を突破した直後に一時100万円以上急落したのは覚えが久しいところで、今日現在は (2018/1/5)は180万円前後です。
ところが一段マイナーな仮想通貨XMRは11月末に2万円だったものがビットコインにつられて12/20に5万円以上まで一時急騰後3.5万円まで急落し、今日 (2018/1/5)は5万円弱です。
niceHashは確かに『効率よく』採掘し『ビットコイン』を報酬として払ってくれますが、この相場の感じだと報酬はビットコインではない方が良いのかも知れません。
但しマイナーなコインはビットコインと違って実店舗で支払いに使えるわけでないところがミソだと思います。口座に数字があるわけですが、ビットコインのように大手が扱っている(実店舗でも使える)という安心はありません。

計算高くニッチな所を攻めるのか、手堅くビットコインを掘るのか、ちょっと悩ましいところです。

Posted by nic at 07:03 PM | Comments (0)