July 18, 2011

[Computer]

中華Pad

しばらく前から「中華Pad」なるものが売りに出ています。
ま、ようするにiPadのパクりで、OSにはAndroidを使ったタブレットPCですね。

去年の暮れにm-plugのじゃんけん大会でひとつ頂いていたのですが、「中華Pad」も黎明期(笑)で、似てるのは形ばかり、性能はまだまだというところ。
それが最近は買い手も作り手もちゃんとしてきて、製品もそれなりになってきたようです。

...ということで、ひとつ買ってみました(^_^;


買ったのはこれ。>N71A
この手の商品、困ったことに作りは同じクセに売る段階では名前がそれぞれになってしまうようで、M7003B とか OPAD Renesas って名前のも中身は同じ商品?のようです? よくわからん。
下手すると同じお店で同じ名前で売っていても中身が変わっていたり(まぁ、全然別の商品というよりはリビジョン違いなんだろうけど)もするらしい。
今回は、ヤフオクで安くも売っていたみたいですが、一応日本のショップで買いました。。。びびり(^_^;

スペック的には、
7インチ 800x640 静電式タッチパネル
CPU 1GHz、メインメモリー512MB、内臓メモリ4GB。MicroSD(16GBまで)。
バッテリー容量:3400mAh。
Wifi、Bluetoosh、HDMI出力、USB端子。
AndroidOS Ver. 2.2。
330g。

このスペックをどう考えるかは、
画面:標準レベル、もっと大きいものもある
CPU:標準レベル。
メインメモリー:標準かやもしたら贅沢な方。
重さ:軽い方

こんな感じでるかね。個人的には重さが「330g」のところ、メインメモリーが512MBのところ。それとCPUのメーカーが「ルネサステクノロジ」っていうところで決めました(笑)。個人的な思い入れ以外、深い意味はないです。

で、使った感じは、以下。

  • 7インチは前から狙っていた。iPhoneの3.5インチでは小さいし、iPadの10インチでは大きい。ただ、一人で電車で見たりするには3.5インチで十分。今回は飲み屋で使う用(笑)。
    多人数で覗き込んだり、機械にあまり強くない人に回して見たりするのが目的。
    ということで持ち出して使うので、軽いのはありがたい。
  • ランチャー上での動きは軽快。ブラウザ上でYoutube(Flash)の再生も出来たし、パワーはそれなり? 初めての端末なので比較は出来ないのだけど。
  • タッチパネルの反応も上々。iPadとはクセは違うけど、普通にあれが使えればスムーズに使えると思う。
  • 動画再生はいままで使っていた変換方式が合わなくて、そのままでは再生できず。変換方式を変えたら見れたので、ま、使い手側の問題ですか。
  • バッテリは、、、うーん?100-80%は長かったけど、40%切ったところから警告が出た15%まではあっという間。あと、電源ボタンを一度押して画面が消えた状態は電源オフやスリープではないという噂。うっかり一晩そのままだとすぐ電池がなくなるらしい。
  • 電源オフ状態からの起動は、まぁ苦にならない。1分は待たされないと思う。
  • スピーカーが左横にあるので、横位置で動画を見ると左からしか音が聞こえてこないので、似非モノラル状態。

とまぁ、今のところこんな感じです。
いまのところ印象は悪くないです。
家のなかでPCを立ち上げるほどでもないときや、練習の時に撮った動画を反省会で見るなど、これからしばらく使ってみようと思います。
Android製品、というか中華Padはファームウェアを変えるとまた反応がガラリと変わるらしいので、それも今後楽しみです。今は2.2だけど2.3も出たりするかな?

というわけで、久々にオモチャでした。

Posted by nic at 12:23 AM | Comments (4)