June 25, 2010

[雑感]

『日本海夕日キャンペーン』

何年か前にも紹介したことがありますが、夕日が海に沈む新潟(日本海側は全部ですけど)で、コンサートやらカフェやらをやっています。

日本海夕日キャンペーン:
http://www.yuuhi.net/

いいなー。行きたいなー。夕まぐれにテラスでビール飲んだり、演奏や歌を聴きたいなー。
新潟、意外と天気が悪い日が多いから、天気が良いのを見計らって、3時で会社を引けて新幹線に飛び乗るとか、そんなかしら。

眼鏡外して、ゆっくりしたいわー。

- - - - - - - - - - -
今月は残業続きで、そんな余裕全然無いんですけどね...。
とりあえず無線LANルーターやら、ノートPCやら、散財して気を紛らわせていますが...

Posted by nic at 04:41 PM | Comments (5)

June 15, 2010

[日記調]

2010/06/15 14:53

PalmPreについて書いたら注目を集めてしまいましたが、ここはそんな良い場所ではなく、単に私が生存証明の代わりに日記をつけたり、思ったことを垂れ流しにするページです。ごめんなさい。(?)

PalmPreについては、導入編の「その2」として初期設定と日本語環境周りを書こうかと思ったのですけど、列挙するだけでインストール方法自体は難しくないし。
そんなことよりも、私、個人的には画面下に出る通知エリアみたいなのがぴこぴこ動くのにとっても感動してまして、ビデオに録って伝えようかと思っているのですけど、動画録れるカメラが無いや、とかで行き詰ってます。

そういえばiPhoneOS改めiOS4がもうすぐですね。iOSでもマルチタスクになるわけですけど、その使い勝手といい、PalmPreとの比較はもちろん気になるところです。私、手持ちが「S」の付かないiPhone3Gなので比べられないのですが...。iPod Touchでも買おうかしらん。

iOSでの通知は、PalmOSでのDAのような、画面の上に重なるPush Notificationと、ホーム画面でアイコンの上に通知の数を表すバッジですよね。
私がwebOSで感動してるのは、MacOSXのDockやWindowsのタスクバーのように、画面下端から「にゅるにゅる」と通知エリアが出てきて、メールならタイトルなんかが表示されるところです。無視した後は小さなアイコンになって残ります。メールが来てるとランプも光ます。この辺、iPhoneよりも優れているし、何より「美しい」と思えるところなんですが、どうでしょう。
Youtubeにこの辺を説明している動画、既にありますかね?(まだ探してないんですけど)

PalmPreの話題はおしまい。

- - - - - - - - - -

<つーゆー。>
関東も梅雨入りしましたね。
こないだコタツをしまったばかりのような気もしていますが、梅雨の支度って何もしてないな、と。バッグに防水スプレーしなくちゃ。(でもバックに大きな穴が開いてるのはひみつ。(C) ←新しいの買えよ)
布団乾燥機ももう一度出さないとね。
後は風呂場のカビ対策か。

めんつゆも買ってこよ。つーゆー。

<大岡越前>
一ヶ月ぐらい前に、水戸黄門の話題から「大岡越前」が観たくなりました。まずはwikipediaをずらずらーっと読んで、DVDboxが発売されているのを確認。

...でもん万円も掛けるものじゃないよなぁ。
だったらpixiとか買(以下略)。

後日、近所のブックオフに行ったら、「大岡越前サウンドトラック」なるものを発見。2500円也。

...買ってしまいました。
→地味でした。

<モッタイナイの精神>
会社でゴミの山においてあった光学マウス。聞くと断線したとのこと。確かにPCに刺しても光りません。
裏のシールを剥がして(保証終了)ねじを外し、ケーブルを「くいくいっ」と動かすと点滅するじゃないですか。なるほど接触不良の模様。
本当は少し切ってつなげ直すのが正しいのでしょうけど、マウスの中は動かないはずなので、光ってるところを見計らって蓋を閉めました。

→快適。モッタイナイ。

Posted by nic at 04:11 PM | Comments (3)

June 03, 2010

[Palm]

PalmPre導入編 その1

日本でまっさらなPalmPreを手に入れたのなら、避けて通れないのがアクティベーションの話。
既に先駆者の方が沢山いて情報に富んでおり、今なら結構ラクに通過できるんじゃないかと思います。

ちなみに今は2010年5月で、記事にしている私が使ったwebOSのバージョンはO2版のver. 1.4.1です。

「palmpre アクティベート」などとして検索すると沢山のサイトが引っかかりますが、webOSが頻繁にバージョンアップを繰り返しているため(アクティベーション回避の方法もそれと一緒に変化することがあります)、最新の情報に辿り着けるとは限りません。記事の日付やwebOSのバージョン番号を確認したり、翻訳をしてくれている場合は元のサイトも確認することを私はオススメします。


さて、この話を簡単に説明すると、

  1. そのままではネットワークに繋がらない(日本のキャリア設定がないから)
  2. 初回起動アプリが終了できない(ネットワークに繋がらないのでアクティベーション完了できない)
  3. そこから画面が進まないのでネットワークやWi-Fiの設定が出来ない(1.に戻る)

という問題を回避するものです。

作業的には、
ROMイメージをダウンロードして、初回起動アプリ(FirstUse)を起動しないよう書き換え、PalmPreに焼き込みます。
するととりあえず使える状態になります。後は普通にWi-Fiの設定をすれば、まずは使えるようになる。というわけです。

この回避作業については、「JaPon」の作者さんでもあるT-Pilotの関野さんの掲示板にある方法でカスタムROMを作成する方法と、MetaDoctorというアプリケーションを使って作成する方法とあります。
後者の方法については情報源が英語ですが、何人かの方がステップごとに訳されていて、あまり引っかからず作業が出来ると思います。

参考になるのはこの方たちのサイトが有用だと思います。

私は主に、MetaDoctorのそもそもの説明と、大阪PalmIIIさんを参考に作業をしました。
私が一箇所引っかかったのは、大阪PalmIIIさんの情報で途中が少し古かった事です。MetaDoctorが新しくなってしまい、手順が変わったようです。変わった手順は「いよいよ「Doing it」」の辺りで、今は「Running Meta-Doctor」となっています。Makefileを編集して(コメントをやめる=#を削除する)、makeコマンドでは引数にキャリアを指定するだけでokです(O2版なので「make all-wr」)。
私はここだけ原文を読み解いたら、後は参考にした記事のまますんなりと行けました。

ちなみに私は母艦がMacだったのでPDAと海馬さんを参考にMacでやってしまおうかと思ったのですが、やっぱりVirtualBoxを使ってUbuntuを入れました。Ubuntuも最新版ではなく、手順にある9系を使いました。この辺、少し手間や無駄があっても、手順通りにやればいいのはとても安心出来ることだと思います。(VirtualBoxを使っていると失敗したときにMacの環境を壊さないという利点もあると思います)

これでまず、webOSに触れるようになります。とりあえずアプリを起動してみて遊びましょう。:-)

Posted by nic at 02:33 PM | Comments (6)