January 29, 2004

[日記調]

この頃。

今受け持っている仕事は、大判。70cm x 50cmの物を作っている。もちろん、そんな大きな紙に印刷出来るプリンタは社内に無いので、A3・4枚に分割して出力しています。それらを切ってセロハンテープで繋ぎ合わせるのだけど。

順を追って解説しましょう。
まず、一枚目を目印に合わせて定規を添え、カッターで裁ち落とします。それを二枚目と両手を使って重ね合わせて、片手をそ〜っとテープに伸ばして仮止めをします。そうしたら今度は長いテープを両手でべだっ、と貼り付けます。きれいに貼れたら裏っ返して余りを切り落とします。これを三回繰り返して、一枚を作ります。

動作を逐一書きますと…

一枚目を用意。定規持つ。合わせる。カッター持つ。切る。カッター置く。定規退ける。二枚目と揃える。仮止めする。テープ貼る。裏返す。定規持つ。合わせる。カッター持つ。切る。退ける。三枚目を用意。定規持つ。合わせる。カッター持つ。切る。カッター置く。定規退ける。四枚目と揃える。仮止めする。テープ貼る。裏返す。定規持つ。合わせる。カッター持つ。切る。退ける。一枚目と二枚目の合体を用意。定規持つ。合わせる。カッター持つ。切る。カッター置く。定規退ける。三枚目と四枚目の合体と揃える。仮止めする。テープ貼る。裏返す。定規持つ。合わせる。カッター持つ。切る。退ける。折り畳んでできあがり。


で、一枚。(まだ読んでます?(^^;)

両面印刷なんで一回作ると必然的に両面分、二枚作るハメになります。さぁもう一回。

一枚目を用意。定規持つ。合わせる。カッター持つ。切る。カッター置く。定規退ける。二枚目と揃える。仮止めする。テープ貼る。裏返す。定規持つ。合わせる。カッター持つ。切る。退ける。三枚目を用意。定規持つ。合わせる。カッター持つ。切る。カッター置く。定規退ける。四枚目と揃える。仮止めする。テープ貼る。裏返す。定規持つ。合わせる。カッター持つ。切る。退ける。一枚目と二枚目の合体を用意。定規持つ。合わせる。カッター持つ。切る。カッター置く。定規退ける。三枚目と四枚目の合体と揃える。仮止めする。テープ貼る。裏返す。定規持つ。合わせる。カッター持つ。切る。退ける。折り畳んでできあがり。


お客さんに校正出しをするとなると、10部ぐらい作ります。
さぁ…  いや、もうやめておきます。

で、冗談はおいておいて、本題。こんな事初めてなんですけれども。。。
手先は不器用なのでずーっと張り詰めて作業しているのですが、ある時「セロハンテープに手を伸ばしたつもりが、カッターを持っていた」のです。


もう切ったっつーの(ばしっ)。(自分ツッコミ)


別に「カッターが大好きで、自然と手がカッターに。。。」という訳ではありません、念のため。カッターの切っ先をマジマジと眺める事はしますが。ええ、刃の欠け具合を見るのに。目が悪いので、マジマジと見ます。うっとりとはしません。

Posted by nic at 02:28 AM | Comments (6)

January 28, 2004

[今日の一枚]

さぶそ〜

良い写真を見つけたので、今日は借り物で。

ヨミウリ・オンライン 
寒立馬、風雪に耐えながら越冬中…青森県東通村 2004/1/28/13:46
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20040128ic07.htm

う〜、さぶそ〜。

台風の中、雪の中。彼らは一体何を考えて耐えているのでしょうね。

Posted by nic at 02:44 PM | Comments (0)
[日記調]

2004年1月27日という日

どんなであったにせよだ。

良い日だ。 ;-)  
Congratulations!

I wish you every happiness!.


今のAirBonchi.comのプレイリスト、なんだか妙にハマる。

そんな夜。

Posted by nic at 02:32 AM | Comments (0)

January 26, 2004

[今日の一枚]

10秒チャージ。

2004012601.jpg

10秒じゃ飲めなかった… まだまだ修行が足りないな。
(なんの修行だよ?つーか達成すると何になるんでしょう? 「キ」で始まるやつです、「キ」で(笑))

#ひさびさに撮ったら下手くそ〜。

さて、もう一仕事。

Posted by nic at 09:24 PM | Comments (7)

January 25, 2004

[雑感]

ドイツ語?英語?日本語??

でまぁ、展示を見た後は、神楽坂でも散歩しようかと思ったのですけど、残念ながら今日は仕事しに会社へ出なくてはならず。さっさと駅へ歩いて行って電車に乗ったのです。

で、前に立っていたおばサマ(お上品に)。和服をお召しでいらっしゃって、何やら一生懸命紙を読んでいる。ちょっと失礼して後ろから覗き込むと、まず紙の一番上には日付と時刻。それに「画質:文字」なんて書いてある。あー、FAXなのだね。なるほどなるほど。
本文はアルファベット。ま、ぱっと見、英語だと思いますわな。おー、おばサマ、英語が読めるのですね。はー。
で、本文。読もうと試みると「Zen Bu...(何とか。単語ごと忘れた)」で始まる文章。なんとなく英語っぽくない。ZとかBとかDとかが目に付く。はて、ドイツ語だろうか。今ドイツ語沢山見てきたところなのに、奇遇だなぁ、っていうか、おばサマ、ドイツ語読めるですか。凄い。とか思いつつ更に次の文章を読もうとすると。やっぱり「Zen」で始まっているのだけど。

「Zen was ...」

あれれ?この辺は英語だぞ? はて??

Posted by nic at 07:49 PM | Comments (0)
[雑感]

ドイツの最も美しい本2002

に、行って来ました。

ちなみに今日が最終日。

10月の終わり頃に紹介した「ドイツの最も美しい本展」、ようやく時間を見つけて行って来ました。というか、先週の土曜日に思い出して、慌てて行って来たんですけど。

一昨年に同じ展示を観て来たのですけど、その時注目していたものは、製本、それと見出しのタイポグラフィ。今回は特に派手や奇抜な装丁の本は少なく、注目して見て来たのは「本文の文字」。
本、その中身が持っているイメージに合わせた本文の文字(フォント)の選択。大きさはどれくらいか。行間はいかほどか。どこに揃えるのか…。

後は、ドイツの本だからっていうのもあるのだろうけど、英語とドイツ語が並記してある本。見開きで左ページにはドイツ語、右ページには英語な本は、あまり感動しなかったけど、フォントの太さで区別している本は新鮮だった。他には見出しに色が付いている本があったかな。赤はドイツ語、青は英語、みたいな。

(いやぁ、楽しい物を見ていると、試したくなりますね。ちょっと遊んでみようかなぁ。)

それと、前回も同じだったのですけど、どうも「児童書」に惹かれる。子供のために作られた(組まれた)本って、今まで見聞き・仕事してきた物と全然違うし、何より楽しそう。絵本とか書いてみたいなぁ、とか思ってみたり(絵が描けないわけだけど)。


まぁ、良い刺激でした。

Posted by nic at 07:38 PM | Comments (2)

January 23, 2004

[雑感]

あ。がーん。

共同通信から。

ガーファンクル容疑者逮捕 マリフアナ所持【ニューヨーク22日共同】
http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=RANDOM&PG=STORY&NGID=main&NWID=2004012301001066

どこかで聞いた名前だと思ったら(ヲイ)

後でコメント付けまする。

Posted by nic at 12:07 PM | Comments (3)

January 22, 2004

[今日の一枚]

ただいまー!

2004012201.jpg

おかえりー!

Posted by nic at 02:16 AM | Comments (2)

January 18, 2004

[日記調]

平成16年用「お年玉付郵便はがき」及び「お年玉付郵便切手」の当せん番号

宅急便で起こされて、テレビを付けると12時のニュースで当選番号発表のニュースを伝えていた。

そういえば、会社の人達から何枚か来てたな…(ごそごそ)。あった、ありました。その数10枚ちょっと。
#ちなみに私は仕事初めの前の晩に.MacのiCardでしめ縄の画像を貼っつけて送信。
#いや来ないと踏んでいたので、慌てて。(最初から送ろうよ...)

当選番号はこちら。
http://www.post.yusei.go.jp/kitte_hagaki/info/2004/nenga/index.html

えーと。。。切手シートが2枚。2枚も??

こんな所で当たりが出て...嬉しいやら悲しいやら。

ん、ならばこれで寒中見舞いでも書くか(^^

Posted by nic at 03:35 PM | Comments (0)
[Palm]

Zire71、修理へ

去年の秋に壊してしまったZire71。原因は水没。金銭的な余裕が無く、修理にいくら掛かるかもわからなかったのでそのまま放置していたのですが、やっぱりカメラが無いと生活に"ハリ"が出ないので、思い切ってパームコンピューティング(http://www.palm-japan.com/)の問い合わせフォームから修理を依頼。

とってもすんなりいきました。

#2004/01/17付のPalmFanに、修理のサポートはUSのサイトへ依頼せよ、とニュースが出てましたね。
ぎりぎりセーフ? …はいいんですけど、経緯をドキュメント化した意味は無くなってしまったな…がびん(わらい)。

まずは、フォームから修理を依頼。水没したこと、英語版を個人輸入したことを、念のため書く。そもそも水没は保証外なので、有償修理で良いとも書く。

土曜に送ったのだけど、月曜には返事が来た。
「まずはハードリセットをお試しください。ハードリセットとは…」と書かれた決まったテンプレートを返信してきたみたいだけど、保証外の注意書きの所に「水没(お客様の場合はこれに該当します)」とコメントしてあったので、ちゃんと人間が見ているみたいだ。感触は良好。それから修理じゃなくて良品交換であるともここで書いてあった。あと、費用も。支払いはカードのみ。
良品交換、有償修理受諾の旨と、住所氏名、palmの裏側にあるシリアルナンバー、カードの番号を書いて返信。

翌日に返信。palm本体をこの住所まで送ってね、というメール。宛先はただの配送センターで「もし必要ならこの電話番号を記入してください。但しこの電話番号へ電話してもサポートには繋がりません」という注意書き。
故障品が届いて、カードの決済が済んだら一週間ほどで交換品を送られてくるそうだ。

というところで、昨日発送の手続き。

Posted by nic at 01:30 PM | Comments (0)

January 17, 2004

[日記調]

小雪が舞ってもお出かけ。

雪がちらちらと舞う夜、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

こんばんは、にっくです。

いやぁ、外は寒いですね。私は会社員をやっている関係でどうしても遊びに出る日は限られてしまいます。雪が降ろうと槍が降ろうと、遊びに行くと決めた日は遊びに行くのです(わらい)。

ということで、自転車で一回りしてきました、七福神。

# 23:35 ちびっと修正しました

出掛けた時は、巡る予定じゃなかったんですけどね。

それというのも、去年の暮れにどぶろく祭りへ行った、日本橋にある「小網神社」というところがありまして。そこは去年の6月に茅の輪くぐりに行った際にお札を頂いてきた所だったんですね。
年が変わったので、去年のお礼と、今年もよろしくお願いしますと、ご挨拶に出掛けたのです。

(で、まぁ、この小網神社は「日本橋七福神」の一つなわけですよ。)

するとです。ウチからそこへ向かって行く途中にこの「日本橋七福神」のひとつがありまして。知ってて素通りするのも、ねぇ(ねぇ、なんだよ?(わらい))。急いでいたわけでも、時間が無いわけでもなかったので。
小雪舞う中、パンフレットをひとつ頂いて、そのままぐるぐると。

この「日本橋七福神」はお正月7日で、ご開帳が終わってしまうのです。それが当初には巡る予定がなかった理由の一つだったんですが。小雪舞う中、こんな雰囲気が良い日は二度と無いぞ、と(^^。


たくさん福が来て、みなさまにお届けできますように。

そうそう、件の神社でおみくじ引いたんですが、「小吉」でした。悪いこたぁ無いからせいぜい励めって(笑)。あっ、イヤ、もっとこう、お上品に。まずまず良いので迷わず励みなさいとの事でした。はい、頑張ります。

これで今年も、お正月はお仕舞いかな。

Posted by nic at 10:46 PM | Comments (4)
[雑感]

疲れた朝は

おはようございます、にくです。

予報どおり雪みたいですが、ちょっと降りが甘いみたいですね。

さて、朝起き抜けの一曲は何にしようかな、と思ってiTunesのプレイリストを覗いたのですけど、ロクな物がなく。そもそも枚数が少ない上にジャンルが偏ってるんですよ。朝起き抜けを持ち上げてくれるCDなんてせいぜい1,2枚。要するに「いつもと同じやつ」になってしまう訳で。それじゃツマラン。
はっ、と気が付いてラックを見る。模様替えをしていた時に見なれないCDがあったのだ。

というわけでNow Playingは「GODIEGO GREAT BEST VOL.2 ENGLISH VERSION」。台所で朝メシを作っているこの状態にピッタシ。

臭います、あれが。香りが。

Posted by nic at 01:01 PM | Comments (0)

January 16, 2004

[雑感]

雪っ?!

明日の東京の天気予報、雪ですよ、雪!!

weather.asahi.com
http://weather.asahi.com/city/tokyo.html

うはー。会社行くのやめようかな…。

#会社行くのやめて、どこの公園へ行こうかな〜(をい)

Posted by nic at 05:11 PM | Comments (0)
[雑感]

衛星小話

共同通信から。
大学衛星打ち上げ暗礁に 米武器規制、部品輸出阻む(2004年(平成16年) 1月13日)
http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=RANDOM&PG=STORY&NGID=main&NWID=2004011301001912

日米の大学で共同開発した衛星を日本で打ち上げようとしていたら、アメリカの技術が載った物をアメリカ国外に出すのを渋っているようです。
もうちょっと柔軟に対処してもいいのじゃないかと思うのだけど…、ま、どっちの事も分かるので。ってなところが私感です。

わざわざ書いたのは、数日前にこっちの衛星の話が記事になっていたから。

朝日新聞から。
ナニワの人工衛星を応援しよう サポーター会員を募集(2004/01/07 22:37)
http://www.asahi.com/science/update/0107/006.html

一口数万円だったら、そこらで飲み歩くより数倍おもしろおかしく愉快かな、と。

本家のH2Aロケットは失敗が続いてますが、これの為にも是非頑張って頂きたい(これの為かよ!)。

SOHLA・東大阪宇宙開発協同組合の公式サイトはこちら。
http://www.sohla.com/


ああ、そうだ。そういえば、今日の朝にはニュースサイトに出ているのだろうけど、アメリカの大統領がアメリカの今後の宇宙政策を発表するって予定でしたな。有人月計画を発動する見通しだとか、なんだとか。

宇宙かー。

Posted by nic at 02:36 AM | Comments (1)
[わたくしごと]

Now playing

以前からNow Playingのバナーを貼っていましたが、一枚スキンを描いてみたくてあれこれやっていたのですけど、、、

全然うまくいかず。泣。

奥の手でアルバムから一枚抜き出して、ロゴを入れてごまかしてみました(笑)。悪くないんじゃな〜い?(と、思うのですが、みなさまいかがですか?(あせ))

「日本で最後の夕日」です。綺麗だったなぁ。また行くべし。

Posted by nic at 02:24 AM | Comments (0)
[わたくしごと]

なんです、その。

まぁ、いろいろ考えたんですけど。

考えていない時は普通で居たいと思います。

というわけでサイトも続行。間違い? いいや、選んだのさ。

「今読んでいる本」はかなり良い。
なんだろう、今日読んだ所にぴったり出て来たんだけど、症状を止めてもさほど意味はないんだ。再発するから。上下巻1000ページ近くのうち600ページほどを読んだのだけど、凄く良く解きほぐして書いてある。今までは、症状から辿る経緯。で、今読んでいるところは経緯を辿った先にあるものはなんぞや、っていうところ。それも一度説明して、それらはなんなの?どうするの?というところの入り口。ぴったし、そのまま書いてあった。「症状を止めるのが治療じゃなくて、原因を取り除く事が治療だ」と。

そんな訳で、時間を無駄にすることなく−スイッチを切り替え−ちょっと頑張ってみちゃおうかな。

書名は、ロコツ過ぎるので、読み終わったか、調子が良くなったら。

Posted by nic at 02:21 AM | Comments (1)

January 15, 2004

[Computer]

最近いただいたコメント一覧

サイトが消える前に、丸々コピー。(無許可)
後でもうちょっと見易くしてみます。

つけてみたですー。
コメントがつくとindexページの最終更新日が更新されてPalmlinkさんで拾って頂けるんだけど、Recent Commentsがないとどこが更新されたのか、ワタシ自身も一瞬分からなくなったりしていたので。
太鉄さんが弟その3にアドバイスしてくれていたものをそのままパクったです(笑)
ありがとー。

<MTComments lastn="15" sort_order="descend">
<MTCommentEntry>
Re:<a href="archives/<$MTCommentEntryID pad="1"$>.html" target="blank"><$MTEntryTitle$></a>
</MTCommentEntry>
<div style="padding-right:1em;padding-left:1em;">by <$MTCommentAuthor$> at <$MTCommentDate format="%y/%m/%d %X"$></div>
</MTComments>

そんなわけでこんな感じだそうです。ワタシはlastnを10にしました。

Comments

きっと、またこれを参考にする人がいるはずだから、
「カッコは半角だと思いねぇ。」

の、注意書きを忘れずに(笑)

Posted by: にっく at July 29, 2003 10:52 AM

あと、デフォルトのCSSの方はclass宣言もお忘れなく。
妙にコメントだけでかくなったりします。(笑)

(自分のとこで悩んでたのは、ヒミツ)

Posted by: みや。 at July 29, 2003 11:15 AM

おぉ、この Recent Comments の形式もいいですね。
うちはどうしたんだっけ。。。


<MTEntries recently_commented_on="5" sort_order="ascend">
・<a href="<$MTEntryPermalink$>"><$MTEntryTitle$></a><br />
<MTComments lastn="5">
└ <$MTCommentAuthor$> at <$MTCommentDate format="%m/%d %H:%S"$><br />
</MTComments>
</MTEntries>


なんかぜんぜん違うっすね〜。
そうそう、カッコは半角だと思いねぇ(笑)。

Posted by: わっしー at July 29, 2003 01:24 PM


エントリー毎にまとまるやつだー。
こっちにしようかな?(笑)

Posted by: にっく at July 29, 2003 02:33 PM


パクられた〜(笑)
個人的には上でわしみさんが紹介されてる方法が好きです。
でもうちに導入してみたらうまく行きませんでした。
何故。

Posted by: 太鉄 at July 29, 2003 03:48 PM


みなさん、ありがとー。
ってことでまとめてみよう。

1)Recent Commentsを付いたコメント順に、コメントのみ表示させるのが太鉄さんが教えてくれた書き方。
<MTComments lastn="15" sort_order="descend">
<MTCommentEntry>
Re:<a href="archives/<$MTCommentEntryID pad="1"$>.html" target="blank"><$MTEntryTitle$></a>
</MTCommentEntry>
<div style="padding-right:1em;padding-left:1em;">by <$MTCommentAuthor$> at <$MTCommentDate format="%y/%m/%d %X"$></div>
</MTComments>

2)Recent Commentsが各エントリ毎にまとめられ、かつ、その中で付いたコメント順に表示させる方法がわっしーのやり方。
<MTEntries recently_commented_on="5" sort_order="ascend">
・<a href="<$MTEntryPermalink$>"><$MTEntryTitle$></a><br />
<MTComments lastn="5">
└ <$MTCommentAuthor$> at <$MTCommentDate format="%m/%d %H:%S"$><br />
</MTComments>
</MTEntries>

3)いずれもカッコは半角だと思いねぇ(笑)このままコピペしてもダメですよ。<は<に書き直して下さいねー>パクられる方

4)ちなみに「lastn」は最新のものをいくつ表示させるかってことですな。わっしーの方法(2)での「comments on」は読んで字のごとく、いくつのエントリに対してコメントを表示させるかってことですね。

5)あ、みやさんの言う通り、CSSを適用させる場合には、他の文字とバランスがとれるように、適時、新しくCSSにclassを書き足すなり、他のと同じclassを適用させるように<div>で囲むなりしましょー。

6)sort_orderはdescendだと降順、ascendだと昇順ですね。

ワタシはわっしーの方法で、かつコメントのlastnを10にしてみました。

こんな感じでイイかしら?

Posted by: かりん@管理人 at July 29, 2003 10:20 PM

かりんさん>
よくまとまってて参考になりますね〜。
ちなみにわっしー式だと日付が私好みの時刻が 24 時間表記になってますので、AM/PM がよいという場合はフォーマットをいじってください。
mt にお任せという場合は %X だか %x だったと思います。

Posted by: わっしー at July 31, 2003 09:02 AM


みんなのおかげで色々分かったよ。追加情報ありがとー>わっしー

これで誰かがググって辿り着いても参考にしてもらえるでしょう。ワタシのサイトもたまには役に立つってことで(笑)

Posted by: かりん@管理人 at August 1, 2003 02:22 AM

Posted by nic at 02:55 AM | Comments (2)

January 09, 2004

[わたくしごと]

2003年 私の偏愛十曲

まだバナーが貼りっぱなしだったりしますが、エアボンチというインターネットラジオで「2003年 私の偏愛十曲」というタイトルのリクエストに応募しました。残念ながら当日は放送を聴く事が出来ず、今頃聴いていたりします。
さて、応募したリスト、一曲ずつにコメントを付けたわけなんですが、あまりにも簡単すぎたので、ちょいとだらだらと書いてみようかなと。

Go! 2004! -> AirBonchi.com

No.1
Edgar Winter/Rick Derringer - Free Ride
>>この曲がバックにかかれば、空を飛ぶ。

この曲は「エア・アメリカ」という映画のオープンニングにかかる曲です。
曲はサウンドトラックから抜き出した訳なのですが、このサウンドトラックは劇中、1960年代後半のポピュラーミュージック、つまり役者の後ろにあるテレビから流れているような曲で構成されています。
この「エア・アメリカ」という映画は1950年代から1980年代にかけて実在した航空会社を主題にした映画でして、いわゆる日本航空とかブリティッシュエア、エールフランスといった旅客会社…とは全然違います。ぶっちゃけて言いますと「航空会社を隠れ蓑にしたCIAのスパイ航空会社」といったところでしょうか。普通の旅客から奥地に住む少数民族への援助物資(食料医療品他)、武器弾薬、スパイの投入と回収、爆弾(爆撃)、パラシュートで脱出した兵士の救出、難民輸送etc, etc...。軍では出来ない事を民間人を建前にあれこれしたとされています。これを詳しく書いていると本が一冊出来上がるのでこれぐらいに(実際に一冊ある)。映画そのものは麻薬の話をちょっぴり引き出して、後は明るく軽く、B級なアクション映画に仕上がってます。主演はメル・ギブソン、ロバート・ダウニーJr。
さて、コメントですけど、歌そのものも空飛ぶ歌でもあり、映画そのものも空飛ぶ映画であります。かつノリが良く聴いてる自分もさぁ駆け出そう、という感じになるわけです。take a free ride ---.

もひとつ。今年の初めは空飛ぶくらいの勢いだったってのもあり。だからこれが2003年の一曲目。

歌詞(googleで発見)
http://www.songlyrics.com/song-lyrics/Edgar_Winter_Group/Miscellaneous/Free_Ride/164835.html


No.2
Neil Young - Long May You Run
>>「木彫り熊ケンタローセレクション」でカバーが紹介されていた、この曲。憑き物が落ちるまで聴きました。

これはこのまんま。探しあてて、通勤でずーっと聴いていました。Tungsten|Tで曲を入れ替えるのが面倒だったせいもありましたが、とても元気の出る歌です。気に入ってます。
SDカードにはアルバム2枚分いれて持ち歩いてるのですが、1枚は入れ替えながら、もう1枚はこれがずっと残してあって、聴いてます。


No.3
Jaroslav Jezek - Tmavomodrry svet
>>チェコスロバキアの歌。この手の嘆きは歌だから許される、と強く思う。映画「Dark Blue World」の中に登場人物がこの歌をピアノだけで弾き語っているシーンがある。

このコメントだけではかなり意味不明ですね。
この映画は第二次世界大戦のチェコスロバキアの戦闘機乗りのお話です。チェコスロバキアは開戦直後、ドイツに無血占領されてしまいます。そこで主人公たち戦闘機乗りは隣国へ脱出、フランスを経て(フランスも占領されてしまうので)イギリスへ渡り、そこで戦闘機と飛行場を間借りしてドイツと戦います。戦後、彼等は祖国チェコスロバキアへ帰るのですが、戦後共産主義の中で西側で戦った「自由の戦士」たちは危険視されて強制収容所へ送られてしまいます。彼等は10年後には解放されますが、その後長くに渡って名誉が回復されませんでした。なんとここまでは実話! 映画はイギリスで戦うシーンと強制収容所でのシーンが交互に出てきます。主人公フランタの人生は戦争を契機にとても辛い方向へ流れていきます。

映画のサイト:
http://www.sonyclassics.com/darkblueworld/
http://www.darkblueworld.com/

さて、曲の方に話を戻しまして。コメントでは「劇中で〜」と書いてありますが、実際に流れたのはサウンドトラックに収録されていた、映画のシーンそのものです。歌はチェコで広くスタンダードナンバーとして有名な曲だとか。最初歌を歌い、会話のシーンがあり、その後の歌の歌詞はこんなです。

僕の周りは
真っ暗やみ
何もみえやしない
周りはどこも 真っ暗やみ
何もみえやしない


No.4
Bela Fleck - Stomping Grounds
>>再び「木彫り熊ケンタローセレクション」から。ライブでバンジョーを聴く機会があったのですが、今年は「ライブで聴きながら呑む技」を覚えましたとさ(笑)。

秋口だったかな?Kentaroさんに誘われて、カントリーがメインのライブハウスへ行ってきました。
目一杯演奏されている目の前でこちらは酒を呑んでいるなんて、なんとも申し訳ない、と「初めのうちは」考えていたのですが、そこはそれ、こちらはお客ですから。呑んで楽しむという、お客としての使命を果たせばいいのだ、という結論に至ったわけです。若干呑み過ぎでしたが(^^;。
(そーいえば、クラシックのコンサートは敷居が高い、寝ちゃう、という人に「好きなクラシックを聴きながらうたた寝するなんて最高じゃないか」と言い切る人が某巨大掲示板に居たのを思い出しました)
11月頃に行った時はKentaroさんが師匠と崇める方がステージでバンジョーを演奏されていて、華麗なテクをこの目で見つつ、舌で酒を味わって来たというわけです。
これが美酒ってやつですな。


No.5
Huey Lewis & The News - It's Alright
>>誰もがみんな知っている、映画「Back to the Future」のメインテーマ「Power of Love」を歌ったグループ、Huey Lewis & The News。いいんです、これで。

何か一曲自分のレパートリーから、と引っぱり出して来たのが、これ。彼等のうちからどの曲を取り上げようか悩んだのですが、ぐっと落ち着いたこの曲にしてみました。
歌詞はこちら。
http://www.songlyrics.com/song-lyrics/Huey_Lewis_and_The_News/Miscellaneous/It_s_Alright/135072.html

it's alright。


No.6 to No.9
Vasily Sergeevich Kalinnikov - Symphony No.1
>>さて、毛色が変わります。えーと、今年の私はこれで始まったのです。それをシメに持ってきてみました。この曲で今年一年を挟み込んでみたいと思います。
>>4楽章続けてどうぞ。
>>(彼の人の紹介はGoogleで「カリンニコフ その人生」なんて検索すると出てくるかも)

これは、説明不要ですね。ママでございます。クラシックとはいえ、他の曲と感じが似てるんじゃないでしょうか?(と、今ずーっと考えていて思った)
第一楽章の出だし、何度も調子を変えて出てくるのですが、かなり好きです。

No.10
このリストにはNo.10はありません。それは何故? どこかの気の効いたヤツが言いました。
「"Best 10"に"No. 10"は要らないのさ。」

みなさまの今年一年が、素晴らしい年でありますようお祈りいたしております。

Thank you for all AirBonchi staff, owner and listeners.

Posted by nic at 02:07 AM | Comments (1)